正当な経費は支払います、感謝を込めて

では入居者サイドとしては、どれくらいまで修繕費用を負担すれば良いのでしょうか?一つの目安としては、敷金の金額だと考えます。
あまりにも高額な敷金の場合は、納得出来ない方もいらっしゃると思いますが…、敷金=修繕費にかかる大体の金額に、設定されている部屋が殆どです。
そういう意味でもゼロゼロ物件や、極端に敷金の安い部屋は、オススメ出来ないのです。
退去時に要求される修繕費用すら、明確に表記されていないという事ですから…場合によっては、かなりの高額をふっかけられる事もあります。
 極端な修繕費を請求してくる大家は、駄目元で相場より割高な金額を要求している場合が殆どです。
骨董品等の金額交渉と同じで、値引きされることを想定した金額設定ですから。
退去者も、ある程度は抵抗しても大丈夫です。
仲介の不動産屋は、退去する人間より、これからも付き合いのあるオーナーの肩を持つのが普通ですから。
他人任せにせず、自ら相場は調査勉強して、知っておくべきです。
 くどいようですが、水回り・給湯器などの自然損傷は、此方の責任ではありません。
でも適正価格の、ハウスクリーニング代と、壁紙代くらいは出した方が無難でしょうね。
それまでお世話になった意味も込めて。
ハウスクリーニング代(ほぼ水回りの回復と掃除)は、相場5万といったところです。
賃貸用の壁紙・簡易フローリング代は、部屋の大きさにもよりますが5万〜15万以内に収まるのが普通です。
と言いますか、一般的賃貸物件にそれ以上の予算をかける大家が居ません。
実際は自分で掃除してそのまま費用を懐に、なんて人もいるくらいですから。
 基本的に敷金は殆ど返ってはこないと、考えましょう。
入居時にあらかじめ先払いした退去費用と思ってください。
中にはもっと修繕費用がかかるはずなのに、ご好意で、それ以上要求してこない大家様もいますので。
自分の損得ばかりを考えるのも、少々見苦しいかもしれません。
立つ鳥は後を濁さず、別れ際も双方が納得できるような話し合いで、お別れしたいモノですからね。